×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


   ビタミンを舐めてはいけない!
                  驚異の!ビタミンパワーを探る。


知ってるようで知らないビタミンのパワー


自然の中で生きる野生動物は、さまざまな病気や雑菌に対する強力な抵抗力を持っていて、過酷な自然環境の中で生きて行くことが出来ます。人間も本来は自らを守るための抵抗力を有していて、異物や有害物質の侵入を未然に防ぎ、自らで傷や疾患を治癒させる能力も持ち併せていますが、これらの抗体や抵抗力、治癒能力を掌っているのがビタミンで、健康な体を維持するために重要な役割を担っているのです。

ビタミン様物質を加えると現在23種のビタミンが発見されていますが、そのひとつでも不足すると人体に影響を及ぼし、免疫機能や抵抗力が弱まると、ただちに病原菌の侵入を許してしまいます。

癌を含む現代病と呼ばれている疾患は、ビタミンの不足が原因とされていて、ストレスによるビタミンの大量消費、運動不足による不完全代謝、栄養価の減少した食品(促成栽培に頼る農作物、高カロリーで栄養価の乏しい加工食品、ジャンクフード)などが、その主な要因として挙げられています。

ビタミンが持つ驚異的なパワーは、さまざまな現代病の脅威から守り、この現代こそ「ビタミンをナメてはいけない!」、まさに「ナメんなよ、ビタミンを!」という時代なのです。

ビタミンが関わる諸症状の一例 (文字クリックで各項目ページにジャンプします)

髪の抜け毛・禿げ・
  髪の痛み・白髪・
        頭痛・
  記憶力の低下・             
 
目・視力の低下・
にきび・吹き出物・
 肌荒れ・乾燥肌・
肌の艶と張り・
花粉アレルギー・
  歯ぐきの出血・
      口内炎
       
虫歯・
 食欲不振
偏食が多い・
青あざが出来る・












               

 












・喫煙による障害
・感染症に弱い
・夏バテ
・筋肉痛
・高血圧症
・疲労体質
・爪の斑点
・二日酔い
・ダイエットリバウンド
・胃腸障害
・生理不順(♀)
・前立腺障害(♂)
・セックス(♀♂)
・関節炎
・筋肉の痙攣
・足の冷え

 













      Copyright:(C)2010 Nanetehaikenai All Rights Reserved.